Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「断らない救急」の怖さ

おはこんばんちは!はなこです!
この出だしのあいさついちいち考えるもネタが尽きてきました。なんかいい挨拶の案を下さい、はなこです。

本日は救急外来へ取り組む病院に対する愚痴です。
何度も書いてますが、このブログの本来の目的ははなこの愚痴を垂れ流すことなので、一番ブログの主旨に沿った内容といえるでしょう。

では、いってみよう!

さてさて、昨今はどこの病院も救急に力をいれたがっているようにみえるのですが…どうでしょうか?
以前にいた病院も、4月から赴任してきた今の病院も、はたまたバイトで当直とかしている病院も…だいたいどこでも「救急患者は、なるべく断わらずに診察してください」もっとひどい言い方のところだと、「救急を断るな!」と言われます。

断らない救急
いい響きですね。

…ただ、いいのは響きだけだとはなこはおもいます。

というのも、特に夜および休日の救急外来というのは当直制でして、だいたい各科の医師が交代で担当しています。
内科、外科のいわゆるメジャー科の医師だけじゃなくて、皮膚科とか耳鼻科とか眼科とか…いわゆるマイナー科の医師も、です。

察しの良い方ならここで気づかれるはずです、夜および休日の救急外来の怖さを。

つまり…
「おなか痛い!!」って言って救急外来に駆け込んだあなたを診察している人は、おなかの診察なんて数カ月ぶり(人によってはもしかしたら数年(…いや数十年))ぶりの耳鼻科医かもしれません。

逆もしかりで、「鼻血が止まらない!」って言って救急外来に駆け込んだあなたを診察しているのは鼻鏡(鼻の穴の中をのぞく道具です)なんて今まで一度も持ったことのない内科医かもしれません。


病院によっては内科系と外科系の2人の医師が当直しているところもありますが、それだって所詮内科「系」、外科「系」です。
各科の医師が当直しているような病院なんて、おそらく大学病院レベルの大きな病院以外ではありえないでしょう。

つまりどういうことかと言うと、

「息がしんどい」と救急外来に駆け込んだあなたの胸の音を聞いているのは、頭の中などの神経以外にはとんと興味のない神経内科医かもしれません。

「転んで顔面を切った」と救急外来に駆け込んだあなたの顔の傷の縫合をしているのは、顔の傷なんて数えるほどしか縫合したことのない乳腺外科医かもしれません。


…しつこいですか?
でも、夜および休日の救急外来はそういうところです。
各科の医師が、自分の専門科とはかけはなれた内容の傷病をうんうん言いながら、それでもなんとか診察している。そんな場所です。

確かにどんな科の医師でも一応の対応はできる…とは思うの。
でも所詮、一応よ一応
やっぱり普段診察し慣れていない症状や疾患の診察や、正直、はっきりきっぱり言ってしまうけど、わからないこともあるし、見落とすことだってあるのよね!

だから、はなこたち医師は救急車の搬送依頼が来た時点で(もしくは患者さんから受診希望の電話連絡があった時点で)、
「この疾患は自分の持つ知識・技量でしっかりと診察できる範疇の疾患であろうか?」
ってことを考えるべきで。
そこで、
「今の問い合わせから考えると○○っていう重症の可能性もあるな…でも、私○○なんて教科書でしかみたことないし、診断できる自信もないぞ」
ってなったら、受診を断わってあげたほうが患者さんのためじゃないかな?と思うんだ…。



ここで、「断らない救急」の怖さなのです。



「自信ないな…
 あ、でも、病院長から『救急は断るな』って言われてるんだった…」

って無理に診察する。

まったく専門外の疾患を、しかも他の医師の助けを求めにくい状況下(夜や休日=他の医師は自宅でのんびりしたりしてます)で診ているという状態になる。


そんな診察うけたい?

危険じゃない?



ふう、熱くなってしまった。
「断らない救急」の怖さ、伝わったでしょうか。
なんか、自分でも熱くなりすぎてやや支離滅裂な感がぬぐえないが…まぁもおいいや。なんとなく伝わるでしょ。


というわけで、はなこからのアドバイスとしては救急外来での医師の診断なんて基本的には本気で信じるな
救急外来での医師の「大丈夫」のセリフには「(とりあえず、今晩のうちは、たぶん)大丈夫」って枕詞が隠されていると思ったほうがいいよ。
つまり、次の日、専門外来にちゃんと行けってこと。
やっぱり腹痛は消化器内科でみてもらうのが一番だし、顔面のけがは形成外科に診てもらうのが一番だよ。

あ、でもだからと言って、夜または休日に専門の医師が当直している病院を探しまわるというのも…あまり賢い行為とは言えないと思います。
そんな偶然、そうそうないだろうし。探し回る元気があるなら、翌日でもいんじゃない?とか思われるだろうし。






追記という名の蛇足

さて、「救急断るな」な病院で当直している時のはなこは、救急受診依頼に対してはこんな風に返事してます。
(あ、自分の専門科な疾患の時とか、自分である程度の決着つけれそうな緊急疾患の時は二つ返事でOKしてるよ。それ以外の時ね)


「息苦しい…かぁ。わたし外科系の医師なので、専門外になること。それと、救急外来でできるのは基本的には応急手当てだけであること。詳しい検査なんかは後日、また専門科の外来のほうに来院いただいく必要があること。これらのことをご理解・ご了承いただけるなら診察させていただきます。」

はい!
「断らない救急」ですからね。断わってませんよ!「診察させていただきます」って言ってるでしょ。
本音はすげー断わってるのが見え隠れしてると思うけどね。
でも、それでも受診する人は受診するんだなぁ~~~。(半分弱くらいは受診するよ、こう言っててもね。)


ちょっとかなり強引に意見をぶっぱなしたので色々言いたいこともあるかと思われますので、そのあたりはよければコメントへ♪
あと、こちら↓もクリックいただけると嬉しいです。(めざせ医師ブログランキング1位! 笑)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

ケアしてもなかなか効果が出ない方に『胸・デコルテニキビ用』ジェル
スポンサーサイト

診断書に関するあれこれ

ども!はなこです。元気です。皆様はいかがお過ごしですか?

今回ははなこ嫌い苦手なデスク関係仕事から。
まぁ、診断書の話なんだけど。

仕事とか学校とか休むときに診断書出せって言われたりする…よね?
で、病院で「今回の治療で仕事休むのに診断書が必要って言われて…お願いできますか?」みたいな。
いくら嫌い苦手なデスクワークとわいえね、仕事ですからね。はなこも書きますよ、診断書。

でもさーこの「会社(学校)休むための診断書」って、難かしい。とくにあらかじめ出しておくやつ。
例えば入院での手術が決まりました、と。で、会社休まなくちゃだから、そのための診断書を作ってくださいと言われる。
これ、非常に悩むんですよ。期間を
だってさ~おんなじ手術したって、術後の回復は個人差あるし、思わぬ術後合併症とかあったら余裕で数週間とかかかるしさー。
「はい!○×手術ね!だったら術後5日間入院、退院後は7日間自宅安静!その後は普段通りの生活OK!」
って、そんな画一的に決めれるかっつーの。

でも、そのあたりわかってくれないよね。世の中。(´・_・`)

風邪とか考えたらすぐ理解できることだと思うんだけど。
同じように風邪ひいても2日で元気いっぱいに回復する人もいれば、1週間たってもなーんか具合わるそーな人もいるじゃん!?

だから、はなこは「会社を休むための診断書をくれ!」っていわれたら、
①どれくらい休む必要があるかは、術後の回復に個人差があるから、平均的な見込み期間でしか書けないこと。
②それでも、今回診断書つくるなら作成料がかかること。(だいたい5,000円くらい?結構高いよね、診断書代)
③「診断書に書いた安静期間」と「実際に必要となった安静期間」が大きく違ってくる可能性もあること。
④その時に診断書を再度作成する…となったら、再度診断書作成料がかかること。

以上のようなことを了解してもらってから、こんな感じの診断書を作ります。




病名  ○○××

上記傷病に対し、○月×日より入院、○月△日に手術加療を行う。手術後は約2週間の安静を要する見込みである。なお、この期間は見込み期間であり、病状により短縮・延長する可能性がある。(以下余白)

□□病院 じょい はなこ(ハンコ)




正直…これでいーのかなーって思うよ。
特に最後の「術後安静期間は病状により短縮・延長する可能性がある。」ってゆう一文ね。なーんか、お堅い文章の書き方にみんな惑わされてる感があるけど、これって結局くだけた口調でいうと
「手術してからーうーんと、2週間くらい安静にしなきゃかもかなぁ。あ、でも本人の元気さとかによってはもっと早くに動けるかもしんないしー、色々あったらもっともっと治療に時間かかるかもしんないしー、正直はっきりした期間はわかんない(ノ)’∀`(ヾ)テヘペロ」
って、意味なんですけど。
でもまぁ、今まで何百枚とこんな感じの診断書を書いてて、文句言われたこと一度もないからいいんだろうな、こんなんで。








ま、上記の理由も含めてさ、企業様にはさ、できたら休むためにあらかじめ診断書を提出させるとかゆーのなるべくやめる方向にしてくんないかな?
術前に、術後のことなんか分かるわけないから、確実な診断書なんて作れるわけもなくてさ。
下手したら何枚も何枚も診断書つくってもらうはめになるわけで、そのたびにその人はたっかい診断書代を払うわけでさ。
かわいそじゃない?


しかも、上に書いているよな①~④の内容をいちいち患者さんに説明するのも、はなこ面倒だし。何枚も診断書つくるのも面倒だし。

喜んでるのなんて診断書代で儲かる病院くらいですよ。


↓最後にクリックいただけると嬉しいです。長ーい更新期間のせいで順位落ちちゃったので(当たり前)
負けず嫌いのはなこより
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ドイツ鉄道チケットとパス

新人教育の難しさ その2

こんばんは!はなこです。あまりの不定期更新に自分でもがっかりです。
ブログやめた説がまことしやかにささやかれていますが(どこで?)、そういうわけではないのでご安心ください(安心?)。

さて、続きを書く書く詐欺を行うはなこにしては珍しく(?)、今回は以前のブログで紹介したピカピカの1年目研修医Pちゃんのエピソードをお伝えさせていただこうかと。

Pちゃん?はて、それ誰?」ってなった方は2016年4月28日のブログを読み返しください。m(__)mリンクモハラズニスミマセン

エピソード②~病棟にて~

「初めての担当患者さん」
・1日目(朝)
Pちゃんはなこが前日の夜に救急から緊急入院させたとある患者さんの担当医にしました。わかりやすいようにこの患者さんをかりに前田さん(仮)としましょうか。
主治医ははなこね。
まぁ、主治医だ担当医だ(あと指導医だ~とか)、なんやかんや名称がややこしいですが。
一応、主治医が読んで字のごとく「主に治療を行う医師」のことで。基本的には主治医が治療の大筋やなんかを決定します。
あと、患者さんになんか問題が起きたときとかも基本は看護師さんを主治医に報告します(…のはず。←そうじゃないことがままあるということですネ)
で、担当医はそのサポート。
指導医は監督&相談役…みたいなところでしょうか。


はなこが今つとめる病院は研修医は主治医に名前を入れられないみたいなので(このへんのルールはホント病院によりさまざま)、Pちゃんを担当医にしました。
ホントは「主治医」にしたかったんだけどね。


はなこ「P先生。前田さん(仮)の担当医にしたからね。ただ、名前は担当医だけど、主治医のつもりで取り組んで。主治医ってゆうのはつまり、治療のメインだからね。この患者さんの病態を考えて、治療方針を考えて…っていうのをP先生が決めるんだよ。具体的にはいつこの患者さんにどんな検査するのかとか、どんな薬をどのタイミングで使うかとか、どういう状態になったら退院を許可するか…とかね。


いや、ホントは「主治医のつもりで取り組んで。」で話は終えたかったんだけど…救急外来での一件があるので…。こいつ逐一説明しなフリーズするな…っていうのがわかっていたので、超!丁寧に説明したのでした。

しかも、おまけに前田さん(仮)の病名とざっくりした病態を説明して、
それについて書いてあるテキストも貸してあげて、
はなこ「まず検査は採血検査かな、なんの項目をいつするか考えて。あと、指示簿だね。昨日の夜から今日までの分は私が作ってるけど…今日以降の分を自分で考えて作ってみて。これは今入院してる他の患者さんのも参考にして、今日中に作って、はなこに見せてね。(←いきなり無茶苦茶な指示簿が電子カルテに掲載されて、他のスタッフのかたの迷惑になることを避けるため)」って言ってあげて、
…ってことまでしてあげたんだ。
はなこ、優しいでしょ?

で、はなこは午前外来にむかったのでした。

外来も終えて昼過ぎ。
はなこ「Pちゃん全然、来ないんだけど。指示簿はちゃんと作れたのかな?」
…やや不穏な空気。
はなこ「いや!でもでも、初めての指示簿作りだし。まだ半日だし、夕方までにはきっと、ね。」

と、気分を切り替えて手術室に向かうはなこ。
手術後も救急外来に呼び出されたりなんやりして、気づいたら18時を回っていたわけですが。
はなこ「Pちゃん…全然、指示簿みせにこない。」

さすがにこのまま指示簿が空白だと看護師さんたちにも迷惑がかかるのでとりあえず自分で指示簿入力してしまうかーと前田さん(仮)の電カルを開く、指示簿のページをみると…

はなこ「指示簿、すでに入力されとる!!」

Pちゃんの名前で指示簿が入力されている状況。

いや、意気込みは買うけどね。一度チェックさせてほしいって私…言ったよね。

と、Pちゃんの院内PHS(内線)に電話。
「現在電波の届かないところにいるか、電源が……」

えー……(°_°)
まさかの、もう帰ってるーー……(°_°)
前田さん(仮)のことひとつもはなこに相談せず帰ってるーーー……(°_°)


どんよりした気持ちで指示簿のおかしい部分を修正するはなこなのでした。


・2日目 朝。
今の病院は8時45分くらいから科のドクター全員で入院患者さん全員の回診をします。
部長~研修医まで全員で。

ま、ここで今日の治療方向をざっくり決めたり、こまってること相談したり。
難しい症例を科の全員で共有したりするんですね。

なので、まぁこの回診のときまでに自分が担当している患者さんの病状(特に昨日の夜~今朝にかけて変化はないかなど)をチェックして、回診に備えるわけです。
で、困ったことが起こっていたら部長をはじめ科の医師全体に相談しつつ患者さんの診察に全員であたる…という。
そゆシステムなんだけど。

回診の始まる直前にて。
はなこ「P先生。前田さん(仮)の状態はどうだった?」
P「あ、えっと、その…。」

はなこ「(もしかして)…まだ今日は会って診察してない?」
P「はい、すいません。」

ヤレヤレ…
(ま、ちなみにはなこは自分でも朝の診察をしていたので大きな問題はない状況ですが)

というわけで、上に書いたような回診の意義についてをトクトクとPちゃんに説明してあげました。
ホントはね、こんなこといちいち言わなくたってできるようになってほしいよ。Pちゃんがうちの科で研修初めてから2週間くらい経ってた時期だし。他の先生たちの行動を見てさ、そのまねをしてほしかった。
でも、今まで回診までにしておくべき朝の仕事についてなんて具体的に説明したことなんてなかったし、しょうがないのかな…て。
できる限り優しく、丁寧説明してあげましたとも。

あと、指示簿の気になる部分を昨日修正したから確認しておいてほしいことも、
前田さん(仮)のことについては毎日最低1回は相談に来てほしいことも、
指導しておきました。


・2日目の夜。
19時ころのことです。
一応その日は昼すぎにPちゃん前田さん(仮)のことについて、近日中にすべき検査とか治療の大筋とかを話し合っていたので安心していたはなこは、朝一に前田さん(仮)のカルテチェック以降は、その時間になるまで一度もカルテを開いていなかったのですね。

はなこ「あれ?前田さん(仮)の今日の診察記録がまだ入力されてない…」
またもや不穏な空気…。
はなこ「まぁ、初めての担当患者さんだし、まだまだカルテも書きなれてないだろうし時間がかかってるのかな。」

とのことで、この日はそのままにしてはなこは帰宅。


・3日目 朝
はなこ「昨日のカルテの診療記録…ないじゃん。」
えーー……(°_°)

はなこ「P先生。前田さん(仮)のカルテさ、昨日の分書いてないよね?」←ちなみになるべくめっちゃ優しく
P「……。」
はなこ「基本的にはさ、入院患者さんについては毎日カルテ記録書かないとだめだよ?」
P「はい…。」

んなことまでイチイチ言わないと分からないものなのでしょうか!?!?!?
はなこそろそろ泣きそうです

あ、ちなみにこの日は回診までにキチンと患者さんに会いに行っていたのでそこは褒めときました。たとえ、大事なポイントを見逃していたとしても(←まぁ、それは1年目研修医ちゃんだから仕方ないし、そのフォローをすべくはなこも自分で毎日診察してるし)


・3日目 夜
手術等を終え、帰宅直前のカルテチェック
はなこ「よしよし、今日のカルテ書いてるな。」
カチャカチャ(←足りない内容を書き足し)
はなこ「…明日の血液検査いれといてって言ったのに。はぁ、なんで…(泣)。」
カチャカチャ(←血液検査入力)
PHSをピッポッパッ。
はなこ「あすいません、はなこですー。締め切り過ぎてて申し訳ないんですけど、入院中の前田さん(仮)に明日採血をお願いしたくってー。あー、はい。電カルにはもう入力してますので。よろしくお願いしますー。」

新人に仕事させるって、自分の仕事が2倍になるイメージなんですね。(泣)


・4日目
特に大きな問題なく過ぎた…はず。

週末をはさみ…
(ちなみに、「週末の前田さん(仮)のことははなこが診とくからね!P先生は週末はゆっくりお休み&前田さん(仮)の疾患のことについて勉強しといて!」って言ってあげたんだぜ。はなこ、優しくない?)

・7日目 朝
Pちゃん前田さん(仮)の診察を回診までにしていないというまさかの事態!!

えーーー……(°_°)

注意するのも指導するのもばからしくなって、はなこはもうなにも言いませんでした。


・9日目
このあたりから、前田さん(仮)のカルテにPちゃんの診察記録が見当たらなくなります。

えーーー……(°_°)

毎日カルテに診察記録書けっていったよねーーー……??

ここではなこPちゃんの指導には真面目に取り組まないことを決意しました。



はなこはどこかで聞いたことがあります。
「言われたことができるのは普通。言われてないことも自分で考えてできるようになって一人前」みたいな。(細かな言い回しは忘れましたがこんな感じ)

この言葉を聞いた学生当時は「フムフムなるほど、確かに」
とか思ってたけど。

今は声を大にして言いたい!!
「『言われたことができる』って、『普通』じゃないよ!すごいことだよ!」と。







Pちゃんは4月いっぱいでうちの科の研修を終えて、他の科の研修へと飛び立っていきました。
正直、はなこはすごくほっとしています。
これ以上Pちゃんと接しているとはなこの内側のナンカ黒くてドロドロしたところから、冷たい何かが飛び出しそうで。


↓黒いドロドロしたものが出てこないよう、クリックお願いいたします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
ポーラのホワイティシモ

ひとくちにGWといっても、色々あるみたいです

GWですね!満喫されてますか!?絶賛日当直中のはなこです。

この時期になると、はなこが医者になりたてホヤホヤの、それこそ「初期臨床研修医」と呼ばれていた頃、とある先輩医師に言われた言葉を思い出します。

先輩「はなこ先生、GWってなんの略か知ってるか?」
はなこ「え?Gゴールデン Wウィーク…じゃないんですか」

先輩「ちゃうちゃう。はなこ先生、まだまだ分かってないなー。オレらにとってはGグロッキー Wウィークの略や」

先輩「ま、GW始まったら意味もわかるわ」

グ、グロッキーウィーク!?!?…と、医者になったの、間違いだった?と戦々恐々としたはなこです。

連休になると個人のクリニックさんなんかは閉じてしまうので、普段なら、個人のクリニックで十分に対応可能な患者さんも総合病院救急を受診なさることとなります。
さらに、なかには「会社が休みだからこの機会に前から気になっていたこの症状をみてもらおう」ってゆう人もいらっしゃる。
それとか普段なら病院にかからないようなコトでも、連休でしばらく病院が休みとなると、とたに不安になって「とりあえず、総合病院救急でみてもらおう」って、受診なさる、とか。
自然総合病院の救急に患者さんが集まってきてしまう。
なのに病院にはスタッフは十分には配置されない。(休日ですからね)

以上より、忙しいのが明らかなわけです。Q.E.D.


まぁ、はなこが医者になりたてホヤホヤのころに勤務させていただいていた病院は
「救急がんばります!救急患者断わりません!」
という救急に熱をいれた病院で、
そのくせ夜間や休日の救急は若手医師2人(~5年目くらい)+初期臨床研修医(1~2年目)2~4人で回すという形をとっていたので。
自然GWのような連休ともなると、
救急日直や当直の回数増える+忙しさは普段の休日の10倍(ゴメン盛りすぎた…受診数的には2~倍…くらいかな。でも感覚的には10倍くらい)
となるわけです。

なので当時の先輩の言葉も

先輩「オレら(達のようにこの病院につとめる若手医師)にとってはGグロッキー Wウィークの略や」

と、注釈付きの内容であったと今なら思えますが。

それでも連休中の救急外来診療には出なくて良いのなら出たくないはなこです。


GW初日の本日、楽しそうにキャッキャ外出なさる方々の姿は、重たい足取りで日当直に向かうはなこにはまぶしすぎます。(゚∀゚)
それこそ八つ当たりしてしまいたくなるほどに。

なので、とりあえず街中の目についた人々には無傷病息災になるよう呪いの念を飛ばしておきました。それが、はなこ仕事減につながるからね。


仕事の隙間時間にこのブログ書いてますが、じつは未来院の患者さん3人の診察がまだ仕事として控えているんですよね。(事前に救急受診したいんですーって電話があって、その来院を待っている状況)
あーなんかみんな魔法にでもかかって「なんか急に治ったので、やっぱ受診しませーん」って電話してこないかな、こないよな。(´_ゝ`)



追記という名の蛇足
今日の救急、また例の看護師Aがいるんですよ。
なんでやねん。もーホントやだ。

~Episode1~
ベッドに横になってもらった患者さんの処置中
はなこ「これ(ベッドの柵をコツコツたたきながら)邪魔だからおろしてー」
看護師Aせかせか動く。

はなこ心(あれ、患者さんがのお顔が…だんだん…遠くなってゆく…よ…?)

はなこ心(って、なんでベッド全体の高さを下げんねーん!!)


はなこ「ベッドじゃなくて、このベッド柵をおろしてくださーい」
↑まぁまぁ大き目の声で

なおも下がってゆくベッドと、はなこ処置の邪魔をし続けるベッド柵

はなこ「あのーS先生、このベッド柵おろしてもらっていい?」
しかたなしに、たまたまそばを通りかかった研修医の子におろしてもらいました。



~Episode2~
救急外来にて初期臨床研修医1年目の子(前の記事にかいたPちゃんではない)と診察中。
定期的な通院が必要であることを説明したところ、この病院は自宅から遠いから、ということで、自宅近くのクリニックに通院したいと。(よくあることです。)
はなこ「なんて病院ですか?」
患者さん「家のそばに山本医院ってとこがあって、そこを受診使用かと」←仮称です
はなこ「山本医院さんあてにお手紙書きますねー」
なんつってやりとりして、研修医の子に練習がてら他院へのお手紙=紹介状をかかせてたんですよ。

で、宛先入力のとき。
いまどきは電子カルテの時代でなので、病院名で検索かけたら住所や先生の名前やをズラーッって出してくれるんだけど。
「山本医院」なんてよくある名前のところはたっくさん候補がでてくるわけですよ。

で、研修医の子がそのたくさんの候補の前でとまどって
研修医「宛先…どうしましょ」
とか(はなこに)きいてるのに対して、

看護師A「あ、宛先は空欄でいいんでー」

とか言って、しゃしゃり出てくるんの!!

よくないから!いくら郵送じゃなくて患者さんが持参するお手紙だとしても、基本的には宛先いるから!
どこ受診するかわかってるのに、空欄とか!!おかしいでしょ!!

みたいな。

…もー頼むから、医者の仕事にまで口出さんでくれ。しかも、間違ったやりかたを1年目の研修医に教えんでくれ。


ってな感じで今日もいろいろやらかし、はなこをイライラさせてくれてます。(現在進行形)(゚д゚)



↓お時間あれば、最後にクリックお願いしますm9(゜д゜)っ

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村
宿泊券やディズニーパスポートが当たる

新人教育の難しさ

やっほーみんな!!はなこちゃんだよ☆彡
いうわけで!今日も元気にいってみよーーーヴイヴイ(。>ω<。)ノ

ん?なんで、そんなにハイテンションなのかって?
実ははなこピカピカの1年生研修医ちゃんのお世話&指導係りになったんだよね(^^♪
ピカピカの若者の元気をわけてもらって、はなこも元気いっぱい♪ってわけo(^▽^)o
というわけで、今日も元気いぃっぱいにハッピーメディカル情報をお届けしていくから、みんなも負けないようついてきてねん!ヽ(≧∀≦)ノ


…って、そんなわけあるかーーーい!!!
もうヘトヘトじゃーーーい



…と、のっけから痛々しいくらいの空元気でお送りしたみました、はなこです。
なんか、こうでもしないと冒頭からすごい暴言はいちゃいそうで。

はい、深呼吸(スーハー)


さて、冒頭にもあるようにピカピカの1年生研修医のお世話&指導をしているわけです。
ホントにこの3月に大学を卒業したばかり、ピッカピカの1年目研修医ちゃんです。
…実ははなこ、こんなシミひとつないピカピカの1年生のお世話は「初」なんですよね。

昨今、研修医を題材にしたドラマや漫画や小説やら…があるので、みなさんもなんとなーくご存知かもしれませんが、医師としての最初の2年間は「初期臨床研修医」の名のもと、複数の科を1ヶ月~のスパンでローテートします。
でね、だいたいの病院ではそのローテートは内科から始まることが多いんです。(少なくとも、今まではなこが勤務していた病院ではそうだった。)内科的診療法を勉強して、そのあとに外科的な考え方・視点も学びなさい、と、そーゆーことかな、と思っています。


なのに、今回勤務した病院では(病院の方針で)ピカピカの1年生外科系であるはなこの科からローテートをスタートするというおそろしいスケジュールが組まれているのでした。


今までにも研修医の子のお世話&指導はしてきたことはあるんだけど、だいたい少なくとも半年くらいは研修医として働いてきた子たちばかりでした。つまり、「現場での動き方とか医師の仕事のこととかをなんとなーくではあるけれども理解してきた」みたいな状態の子たち。
なのであらためて「医師の仕事とは…」みたいのを教える必要はなく、「うちの科の仕事はねー」みたいな感じで指導に臨めばよかったのです。


なので、今回のピカピカの1年目研修医の子の指導に超。超!超!!困惑しています。
いや、最近になって困惑を通りこしてちょっとイライラしてきちゃってます。


というわけで、今回はピカピカ1年目研修医ちゃんの指導の際にぶちあたった困惑(とイライラ)のエピソードについてちょっと紹介しようかと思います。
素直に言うと、紹介という名の愚痴です。
あ、名前がないと文章書きにくいので、そのピカピカ1年目研修医ちゃんのお名前は仮にPちゃんとします。言わずもがな、「ピカピカ」Pちゃんです。


~エピソード1 救急外来にて~
発熱した患者さんを救急外来にて診察していたときのことです。

近所の開業医さんから「入院加療をよろしく☆」な感じの紹介で受診された方なので、熱の原因や治療方針も大体は決まっているんだけれど…でもここは、Pちゃんに診察の練習をしてもらう絶好のチャーンス!ということで…

はなこ「P先生。この発熱の患者さん…まぁ、熱の原因はだいたいわかっているんだけど、それはそれとして、置いといて。これから、救急外来で本格的に働くようになったら、バンバン発熱の患者さんとか診なくちゃだからね。ということで、練習だと思って診察してきて!」
と、盛大にPちゃんを患者さんのもとに送り出した…

送り出した……

おくりだした………?

オクリダシタ…………???


送り出せね~~~~~!!!_(:□ 」∠)_

5分、10分…電子カルテの前でじっと動かざること山のごとしPちゃん
な、なにしてるのかな?
患者さんはそのパソコンじゃないよ。隣の部屋にいる女のヒトだよPちゃん。。。

はなこ「え~とP先生?パソコンとにらめっこするのはさ、診察じゃないよ?まずは患者さんと顔を合わせてお話ししないと、何もすすまないよ?」

Pちゃん「はい…」

しかし、そう言ったっきりパソコンの前から微動だにしないPちゃん

はなこ「Pセンセ?えっとね、そだね、まずはじゃあ、問診からね。問診で必要な内容は主訴、現病歴、既往歴、内服薬……etc」

P「……」
ただたちすくむPちゃん

はなこ「あの…患者さんに聞く内容は覚えた?」

P「えと、その、えーっと。」

はなこ「もう一度だけ言うから、メモでもとったら?」

で、ようやく紙に「主訴」「現病歴」「既往歴」…とはなこの言う通りに書き連ねて出すPちゃん

はなこ「じゃ、その内容を埋めるつもりで患者さんとこに行っておいで。」
P「…はい」


で、ようやくPちゃんをオクリダシタものの…。30分くらいしても何も報告してこないのです。仕方なしにはなこからPちゃんのPHSに電話。

はなこ「P先生。問診終わった?」
P「あ、はい。終わりました。」

はなこ「問診が終わったら、できたら教えてほしかったなぁ…ま、でも報告してって言わなかったもんね。」(゚∀゚)アハハ媚笑い~
などと話しながら、目の前のパソコンでPちゃんの診察記事を見ようと電子カルテをチェック…


カルテ、真っ白ですやん。。。(゚∀゚)


はなこ「P先生。問診内容はカルテにはまだ書いてないのかな?」
P「あ、はい。」
はなこ「さっきの診察室の隣にいるからさ、とりあえずおいで」←電話じゃ埒があかねーってなった
P「あ、はい。」


2~3分ほどでやってくるPちゃん

はなこ「えとさ、患者さんを診察したら、その内容をカルテに書く。これは当たり前にしなくちゃいけないことなわけで…て、そんなことは分かっているか?」
P「…」
はなこ心(うなずいた?yes、わかってます☆ってことでいい…のか…?)

はなこ「ま、まぁとりあえず聞いてきた内容をカルテに書こうか。とりあえずまずは自由に書いたらいいからさ。保存する前に私、チェックしてマズイところは直すしさ。やらないとできるようにならないからさ。ほら、ほら、そこのパソコン使って」

おもむろにパソコンの前に座り、キーボードに手をかけ、タイピングし始め……
ない!!!
フリーズしてる。キーボードに手を添えたまま動かない!!!

5分、10分…全然動かない!!!!
なになに??エンスト??ちゃんと車検うけてる?


しかたなくPちゃんが問診しながらに書いたというメモをみせてもらいながら、
はなこ「このメモの通りまずは書けばいいんだよ。まずね、はい主訴:発熱、右足の痛み。~~etc」
カチャカチャ…。ようやく、はなこの読み上げる通りにキーボードをタイプしだすPちゃん。なんかもう、はなこ音声認識機械みたいになってますけど……。


というわけで、たった一人の患者さんの診察させるだけでエライ大変だったというはなしでした。

……ってか、はなこそんな難しいお題出した?はなこPちゃんに要求したことって

1、患者さんから話を聞く(しかも聞く内容はこと細かに教えた)
2、聞いた内容を電子カルテに打ち込む(しかも確定保存するまえにチェックしてあげるから好きに書きなさい、とまで言った)

…だけなんすけど。


こんな感じでPちゃんに困惑させられ、テンテコマイなエピソードが山盛りなんですが、思ったよりエピソード1が長~くなってしまったので、続きはまた今度!(書く、かもしれない!!)




追記という名の蛇足

正直、ピカピカ1年生の指導が初めて過ぎて…

分からん、分からん!大学卒業したてのホヤホヤがどこまでできるのが普通なのか、はなこには全然分からん。

はなこも1年生の始めはこんなんだったかしら?いや、もうちょっとしっかりしていたような気がするんだけど。…気のせいかしら?もう×年も前のことだから忘れちゃったわ~。

って状態です。

ここまで手取り足取りする必要ある?のか?

…というワケで、このPちゃんは新社会人としてはフツーなのかどーなのか。皆様の新人教育話お待ちしてます。m(__)m
コメント稼ぎじゃないよ!

ともに新人教育がんばりましょー
って感じでクリックもお願いいたします。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

«  | ホーム |  »

2018-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

じょい はなこ

Author:じょい はなこ
西日本のとある病院で一応医師として働いております
体力無いため基本的にTNP(低燃費)系で
最近になって腹の底で色々思うことはあっても、「笑顔で対話」がようやくできるようになった。
と、自分では思っています。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。